はんこ作ろう.com

おすすめはんこについて

ハンコを作成するときに使用される文字

ハンコを作成する場合に、自分で自由に選べるのが使用する文字です。ハンコの文字にはさまざまな種類の書体が使用されていますが、選んだ書体によって押したときの雰囲気も大きく違ってきます。

それぞれの書体はデザインにも特徴があるので、外見の好みで文字を選ぶことも可能です。ここでは、ハンコを作成するときによく使用されている文字についていくつか紹介するので、興味のある方は参考にしてください。

(ハンコを自分で制作できるプリンター)

篆書体のハンコ

ハンコを作成する場合に、使用されることが多い文字の書体が篆書体です。篆書体とは篆書をモデルにして作られた字体のことで、篆書は古代の中国で使用されていた伝統的な書体です。篆書には大篆と小篆の2種類があり、同じ篆書でも若干形状が異なっています。

大篆の方が古い時代に使用されていた字体で、周の時代の史籀という人物が作ったものだと言われています。もう一つの小篆は秦の時代に作られたもので、秦の役人であった李斯が大篆をもとにして制作しました。大篆と小篆がデザイン的に大きく異なっているのは、文字の画数です。

大篆の方が古い時代に作られた分だけ、文字の画数が多めになっています。小篆は大篆の一部を省略したデザインが採用されていて、大篆で書かれた文字よりも読みやすくなっています。ハンコの篆書体で使われることが多いのも、この小篆をもとにした字体です。

全体的にバランスがよく書かれていることも特徴で、実印などの個人印鑑や、法人印鑑で人気の書体です。

隷書体のハンコ

篆書体の文字とともに、ハンコでよく使用されているのが隷書体の文字です。隷書体とは隷書という書体を使用している文字のことで、隷書も古代の中国で使用されていた書体の一つです。秦の時代の程邈という人物が作ったと言われていて、程邈は李斯が作った小篆をもとにして、隷書を作りました。

大篆を簡略した小篆がさらに簡単なデザインになっているのが、程邈が作ったオリジナルの隷書の特徴です。ですが、隷書は時代とともに文字の形が少しずつ変化していって、シンプルだったもとの隷書とは大きく違うものになっていきました。

漢の時代に使用されていた隷書は文字に装飾的な要素が多く付加されているのが特徴で、もとの隷書とは大きく違ったスタイルのものになっています。そのために、隷書は作られた時代によって呼名が変わることがあり、程邈が作ったもともとのシンプルな形の隷書は、古隷と呼ばれるようになりました。

漢の時代に使用された装飾が多い隷書は八分と呼ばれることが一般的で、現代でハンコを使用するために使われている隷書体も、この八分のデザインがもとになっています。

吉相体のハンコ

ハンコに使用される文字の中には、縁起をかつぐために使用されているものもあります。吉相体の文字はその代表的なもので、字が全体的に外に向かって伸び、末広がりになっていることから、開運のハンコとして人気があります。

吉相体の文字は、篆書体を基本にして作られているのが特徴です。一つ一つの文字がつなげられているのが吉相体の特徴で、その分通常の篆書体よりも文字が読みにくくなっています。文字が複雑な形状の分、偽造されにくいことも吉相体の特徴で、実印として使用するハンコを作成する場合にも向いている文字です。

吉相体のハンコは、文字とハンコの枠が接する部分が多いことも特徴です。文字をできるだけ外側の枠につけるようにするために、もとの文字の形を大きく崩してデザインされている場合もあり、外枠と接している部分が多いほど、ハンコの文字が読みにくくなる傾向があります。

あまり文字が読みにくくなってしまうと、実印として登録できない場合もあるので、あらかじめ注意しておく必要があります。文字の部分が多いために、丈夫なハンコを作りやすいことも吉相体の特徴です。

古印体のハンコ

印鑑に使用される文字は中国で作られたものが多いですが、日本で作られた書体が使用されることもあります。古印体は日本で作られた書体の代表的なもので、現代でも使用される機会が多い字体です。文字としての古印体の特徴は、全体的に丸みを帯びていることです。

そのために見た目にもやわらかいイメージがあり、明るい雰囲気のハンコを作りたい場合にも向いている字体です。古印体で作成されたハンコは、文字が読みやすいことも大きな特徴です。

文字の間に十分なスペースがあるので、一つ一つの文字をしっかりと読むことができます。隷書体や篆書体でハンコを使用する場は、現代の日本では使用されていないような字が使われることもありますが、古印体は、難しい漢字が使用されていないところが特徴です。

誰にでも読みやすい文字であることから、認印などにも広く使用されている字体で、子供でも使用しやすいハンコです。

文字とハンコの外枠が接する部分では、文字の一部が欠ける部分が生じることも古印体のハンコの特徴になっていて、欠ける部分を少なくしたい場合には、文字のサイズを小さめにした方がおすすめです。

楷書体や行書体のハンコ

読みやすいハンコを作るときに使用されることが多いもう一つの書体が、楷書体の文字です。楷書体とは文字を構成する一つ一つの画や点を、正確に書いていく方法です。文字全体の形も、バランスをとって書かれるのが特徴で、現代の日本でもさまざまな場面で使用されています。

日本人にも読みやすい楷書体ですが、もともとは中国で作られた書体です。もとになっているのは隷書体で、隷書をさらに読みやすく改良したものが楷書体です。楷書体がいつから使われるようになったのかは、はっきりとしたことはわかっていませんが、漢の時代の末期に作られたという説が有力です。

その後六朝時代に改良が重ねられて、現在の形に近いものが完成したのは唐の時代のことです。ハンコには行書体の文字が使われることも多いですが、行書体は楷書体を少し崩したような形が特徴の文字です。独立して書かれている楷書体の線や点を一つの線のように続けて書くことで、楷書体にはない独特の雰囲気を持つ書体です。

使用する文字で変わるハンコのイメージ

ハンコは使用する文字によっても、雰囲気が大きく変わります。硬いイメージのハンコを作るのに最適なのが篆書体や隷書体の文字です。読みやすいハンコを作るのに最適なのが古印体や楷書体で、開運のために吉相体の文字が使われることもあります。

自分の好みに合わせて文字を選べるのが、ハンコ作りの楽しさです。これからハンコを作る予定のある方は、使う文字にもしっかりとこだわってみてはいかがでしょうか。

© 2021 はんこ作ろう.com Bluesand Theme